oライン脱毛で気になるのは、やっぱり体勢

oラインと聞いて、すぐにどこなのか分かる人は意外と少ないものです。
肛門のまわりの部位を指す言葉で、この部位を脱毛することをoライン脱毛と言います。

oラインは自分で直接見ることが難しい部位であり、しかもとてもデリケートな部分です。
自分で処理しようとすると、ケガをしてしまう恐れがあるので、プロに行ってもらうのが安全な方法です。

oライン脱毛を受けるには、他の部位より羞恥心を感じてしまいます。
しかし、施術を行うスタッフはプロですので、自分が意識しているほど部位について考えていませんので、
安心して受けることができます。

oラインは日頃隠れている部位ですので、施術する時どのような体勢なのか気になります。
やり方はサロンによって異なりますが、大きく分けて2つの方法があります。

まず、うつ伏せになって、おしりを片方ずつおさえて施術する方法です。
下を向いてるので、スタッフと直接目を合わせることはありません。

次に、四つん這いの体勢をとるところもあります。
うつ伏せになるより、施術する箇所が見えやすく安全に行うことができますが、
慣れるまでは恥ずかしいこともあります。

oライン脱毛を行う前にどのような体勢かを知っているだけで、当日慌てなくてすみます。

oライン脱毛、痛みが少ない施術方法とは

oライン脱毛は全く自分では見えない個所ですので、脱毛サロンやクリニックなどで処理してもらう必要があります。oライン脱毛の方法は、現在主流になっているのはムダ毛の色素に反応する光を照射して、ムダ毛の原因となっている毛根にダメージを与えて抜けやすくするというものです。この方法は痛みも少ない施術方法ですし、肌に直接触れずにムダ毛を処理することができるため、衛生面でも安心です。ただ、oラインは色素沈着を起こしている個所ということもあり、ムダ毛と肌の色のコントラストがはっきりしておらず、施術が難しい個所でもあります。そのため、事前にカウンセリングで肌の状態やムダ毛を調べて適切な出力を調整し、状態を見ながら丁寧に処理していきます。光を当てたときに輪ゴムがはじけるような刺激はありますが、それほど痛くはありません。ただ、痛みに弱い人はクリニックでは麻酔を使って施術をすることも可能ですし、サロンでは痛さを和らげるジェルなどを使って処理してもらえますので、不安な人は事前にスタッフに相談してみましょう。施術後しばらくするとムダ毛が自然に抜けていきますが、このときには痛みもまったくなく、気が付いたときにはつるつるになっています。

TBCの脱毛方法について

人気のサロンTBCには、人気であり続けるだけの理由があります。
確かな技術と温かいサービスをもとに、多くの女性に「キレイ」を提供するTBCの処理方法とは、どのようなものなのでしょうか。

3つのなかから、好きなものを選ぶことができます。
1つ目が、アメリカでも取り入れられている、毛穴にごく弱い電流を流して行う「スーパー脱毛」です。
確実に効果が実感出来るため、あまり長い期間通えない人にもおすすめです。毛の再生機能を破壊するので、生えなくする効果が非常に高いのが魅力です。

次に、ポピュラーな方法である、「ライト脱毛」です。
毛穴に光を当てて処理するというものです。他店のサロンでも採用されていますね。
痛みがないということが最大のメリットです。サロン利用が初めてで、痛みが心配という方におすすめです。

最後に、上記2つの方法を組み合わせながら、徹底的に処理していく「トリプル脱毛」です。
2つの手法の良いとこ取りで、正確にスピーディーにムダ毛を処理していきます。
予算などと相談しながら、自分に合った最適のプランを選び、満足のいくツルツルなお肌を手に入れてください。
初回のカウンセリングもおすすめですので、是非試して下さいね。