月別アーカイブ: 2017年4月

vio脱毛に通う前に知りたい事まとめ

クリニックで行われているレーザー脱毛はエステサロンの脱毛よりも効果が高くなっていますが、それでも複数回の施術が必要となります。使用している脱毛機器の性能にもよりますが、6回程度は施術を受ける必要があります。

VIO脱毛では毛周期に合わせて施術を行いますが、2ヵ月から3ヵ月程度の間隔をあけて行われますので、完全にVIO脱毛が完了するまでには長い年月がかかるのです。施術開始当初は施術間隔が短いですが、回数を重ねることで間隔を長くすることが可能ですから、さらに完了までの期間が掛かることになります。VIO脱毛は脱毛機器の性能にもよりますが、個人差が大きいことも特徴となっていますので、人によって必要な施術回数が異なってきます。

毛の量や太さも関係しますし、肌の色についても影響を与える部分となります。VIO脱毛に使用されているレーザー脱毛器は毛の黒い色に反応することで効果を発揮しますので、毛が細いよりは太い方が良いですし毛の色が薄いよりは濃い方が効果が高くなります。黒い色に反応する訳ですから、白髪は脱毛できないために別途対応が必要になってくるのです。

またレーザーの特性から肌の色についても施術回数に影響を与えますので、個人差によって施術回数は異なるのです。VIO脱毛では日焼けが厳禁とされていますし、色素沈着が強いと激しい痛みを伴うため、色素沈着の改善が必要となる場合もあります。VIO脱毛には使用する機器による効果の違いも回数に影響してきますが、肌の色や毛の性質など個人差によって発生する要因も施術回数に影響するのです。また施術を受けるに当たり毛を抜いてしまうと脱毛効果が得られませんので、クリニックの指示に従うことも大切なのです。

脱毛の押さえどころ!VIO脱毛の注意するべきポイントとは

VIO脱毛を行うには注意点がありますので、VIO脱毛の原理など基本的な特徴を理解することが大切です。VIO脱毛をはじめると毛がぽろぽろと落ちるようになりますが、脱毛の効果によって毛母細胞が破壊されたことによる症状ですから正常な状態だと言えます。

VIO脱毛の注意点として大切なことは、クリニックの指示に従うことが重要になってきます。特にはじめてVIO脱毛を行う場合には、間違った知識によって施術に支障を与える場合があります。施術前のカウンセリングでは施術方針を決めると同時に、施術に関する説明が行われますので正しく理解することが大切です

基本的にVIO脱毛を行う場合には、自己処理を行わないのが普通ですが、自己処理の中でも毛抜きやワックス脱毛は特に避ける必要があります。毛抜きを行うと、脱毛にとって重要な毛母細胞が無くなってしまいますので、レーザーを照射しても効果が全くでなくなります。またワックス脱毛で除毛すると、皮膚の上に出た毛が全くなく毛穴の中に埋もれた状態となります。

この状態ではレーザーが毛に届きにくくなりますので十分な効果が得られなくなるのです。カウンセリングでは自己処理についても注意点として説明がありますが、この他にも日焼けができない点に注意が必要です。VIO脱毛の注意点は脱毛機器の性質が関係していますが、毛の黒い色に照射したレーザーが反応し毛根を破壊しますので、毛を抜いてしまうと脱毛効果が得られないのです。また肌の黒い色に対してもレーザーが反応しますので、日焼けをすることができないのです。もちろん日焼けだけではなく色素沈着などの黒ずみにも反応しますので、カウンセリングで説明を受けた注意点を正しく守ることが大切なのです。

すごく気になる!VIO脱毛に生じる痛みとは

VIO脱毛を行っておくとビキニラインをすっきりさせることができ、清潔を保てる、下着や水着を自由に選べるなど多くのメリットがあります。

こうした脱毛は日本でもかなり一般的となっており、VIO脱毛のコースを用意する医療機関やエステサロンも増えてきています。

自己処理が難しい部分となっていますので、多くの場合はサロンやクリニックを利用して処理していますが、やはり気になるのはその痛みではないでしょうか。

VIO脱毛は、他の部分と比べて剛毛ですし、しかも肌はデリケートで色素沈着もしやすい場所ですので、どのぐらいの痛みがあるのかは気になるところです。

我慢できないほどの痛みがあるのでは、長く脱毛を続けていくのは難しくなってしまいます。

VIO脱毛は光脱毛やレーザー脱毛で対応することが多くなっていますが、毛を抜いたりする必要はなく、照射を一瞬行うことで処理していきます。

痛みの感じ方は人それぞれ違いがありますし、部位によっても変わります。

あまり痛くないという方もあれば、我慢できる程度という人、かなり痛みを強く感じる場合など個人差があります。

あまりに施術が痛いという場合は我慢せずにそのことを施術者に伝えておきましょう。

VIO脱毛も冷却処置や出力の調整でかなり痛みを抑えられる場合もありますし、医療機関の場合であれば、どうしても我慢できないという場合は麻酔クリームで対応してもらうこともできます。

それから、処理を繰り返すごとに毛が薄くなってきますので、最初よりも痛みが感じにくくなるとされています。

施術の前にはテスト照射が行われますので、痛さを強く感じる場合はしっかり伝えて、できるだけ和らげる施術を行ってもらうようにしたいものです。

VIO脱毛でどこを選べばよいのかクリニック選びについて

恋人と海やプール、泊りがけの旅行などに行くときは、少しでも綺麗に思われたいものなので、ムダ毛に悩んでいる方は、早めに対処しておいた方が良いでしょう。
もしVIO脱毛をするなら、クリニックに任せた方が安心なので、早めに予約を入れるようにしたいですね。

VIO脱毛でどこを選べばよいのかクリニック選びについてですが、これはやはり口コミの評判を頼りに選べば、失敗することはないでしょう。
今はVIO脱毛が得意なクリニックをランキングで紹介しているサイトもありますから、それを利用すれば時間をかけずに人気のクリニック選びをすることが出来ます。
クリニック選びのポイントには色々ありますが、料金がどれだけ安くても、スタッフの技術が低いと意味がないので、そこは調べておくようにしたいですね。
これまでの施術件数が多く、丁寧なカウンセリングと、高い技術を持ったスタッフが揃っていれば安心してVIO脱毛を任せられるので、口コミや体験談はじっくり読んでおくようにしましょう。

エステサロンで行う脱毛はフラッシュ脱毛ですが、クリニックで行うのは医療レーザー脱毛になります。
医療レーザーは医療資格を持った者しか扱えないので、サロンで行うことは出来ません。
医療レーザー脱毛の良いところは、毛根の奥深くまでレーザーが届いて、破壊することが出来るので、サロンの脱毛以上の効果を得られることですが、VIO脱毛料金が高くなっているところが珍しくありません。
しかし最近のクリニックは、定期的にVIO脱毛キャンペーンを行っているところが多いので、その期間に申し込めば、通常よりかなり安い金額で施術を受けることが出来ます。
料金が安いからと言って、手を抜かれるようなことはありませんから、賢く施術を受けたい方は、VIO脱毛キャンペーンを利用するようにしましょう。

VIO脱毛による肌トラブル特集

VIOはとてもデリケートな部分なので、いくらエステサロンやクリニックで脱毛のプロに施術をしてもらっても、トラブルが発生することもあります。

これからご紹介する肌トラブル特集を参考にして、安全で満足できるVIO脱毛処理を目指しましょう。

まず一番多いのがVIO脱毛の施術時の痛みと炎症です。

医療機関で行うレーザー脱毛は照射パワーが強く、脱毛効果はありますが、痛みや刺激を強く感じます。
特に、VIOは色素沈着などで肌が黒ずんでいる場合が多く、レーザーが皮膚中のメラニン色素に反応してしまい、余計に強い痛みを感じることが多いです。

施術後もレーザーを照射された肌は軽い火傷をしているような状態になり、特に色素沈着している肌だと強い刺激を受けてしまっているので、赤みや腫れ、痒みなどが続く肌トラブルになる場合も少なくありません。

色素沈着が酷い人や痛みに弱い人などは、施術中の痛みや施術後の肌トラブルが起きる可能性が高くなってしまいます。

また、よくトラブルの原因となっているのが、エステサロンのスタッフのVIO脱毛技術です。

しっかりと熟練された技術と知識を持っているスタッフであればいいのですが、そうではない場合、患者の肌の状態を見極められず、無理な施術をしてしまい肌トラブルを起こしてしまったケースも報告されています。

例えば、脱毛マシンの出力が強すぎて、大陰唇が火傷をしてしまったケースなどがよく報告されています。

レーザー脱毛機やフラッシュ脱毛機から照射される光の量や角度を間違うと、火傷につながり、最悪の場合ケロイド状にやけどの痕が残ってしまうケースもあります。

このようなトラブルにあわないために、VIO脱毛をするときはリピーター多く、VIO脱毛に定評のあるサロンを選ぶようにしましょう。

http://www.retifweb.com/